野菜の栄養ランキング ビタミン

有機野菜の通販|お試し体験談&徹底比較

野菜の栄養ランキング<ビタミンの多い野菜とビタミンの役割>

ビタミンは体の調子を整えてくれる栄養素です。人間に必要なビタミンは現在13種類あるといわれています。さまざまな種類のビタミンがあり、働きも多様です。

 

ビタミンC (一日の推奨量:100mg)

たんぱく質・コラーゲンの合成を助け、免疫力を高める働きをします。その結果、肌をきれいにしたり、風邪などウイルスの進入を防いだりすることができます。また、鉄の吸収を高めて貧血予防、抗ストレスといった効果もあります。

 

ビタミンB2 (一日の推奨量:男性1.6mg、女性1.2mg)

糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けます。ビタミンB2が不足すると、摂取した炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝がうまくいかず、体内に余ってしまい、太りやすくなります。

 

ビタミンB1 (一日の推奨量:男性1.4mg、女性1.1mg)

糖質が体内でエネルギーに変わるときに、ビタミンB1が必要になります。ビタミンB1が不足すると、乳酸などがたまり疲労の原因にもなります。ただしビタミンB1は水溶性なので、水洗いや下ごしらえ、調理のときに水に流れて行きやすいので注意が必要です。

 

ビタミンCの多い野菜ランキング ビタミンB2の多い野菜ランキング ビタミンB1の多い野菜ランキング
1位 赤ピーマン (170mg) 1位 モロヘイヤ (0.3mg) 1位 枝豆 (0.31mg)
2位 黄ピーマン (150mg) 2位 シソ (0.34mg) 2位 ニンニク (0.19mg)
3位 パセリ (120mg) 3位 パセリ (0.24mg) 3位 モロヘイヤ (0.18mg)
3位 ブロッコリー (120mg) 4位 ブロッコリー (0.20mg) 4位 さやえんどう (0.15mg)
5位 カリフラワー (81mg) 4位 ほうれん草 (0.20mg) 4位 スイートコーン (0.15mg)
6位 ピーマン (76mg) 6位 春菊 (0.16mg) 6位 アスパラガス (0.14mg)
7位 モロヘイヤ (65mg) 7位 枝豆 (0.15mg) 6位 ブロッコリー (0.14mg)
8位 さやえんどう (60mg) 7位 アスパラガス (0.15mg) 8位 しそ (0.13mg)
9位 シシトウガラシ (57mg) 9位 ミツバ (0.14mg) 9位 パセリ (0.12mg)
10位 かぼちゃ(西洋) (43mg) 10位 ニラ (0.13mg) 10位 サツマイモ (0.11mg)

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム おすすめランキング らでぃっしゅぼーや おいしっくす 大地を守る会 無農薬野菜のミレー