野菜の保存方法

有機野菜の通販|お試し体験談&徹底比較

野菜の保存方法

野菜は買ってきた状態でも生きています。そのため、どの用に野菜を保存しておくかで、食べる直前まで新鮮な状態に保てるかが決まります。野菜によって適した保存方法はそれぞれなのですが、暗くて涼しい場所、かつ適度な湿度があるところで、育っていたときとなるべく同じ状態であることが重要なようです。

 

上に向かって育つ野菜

・・・ねぎなどは横に寝かさず立てて保存してください。横に寝かしておくと上に向かって反り返っていきます。

 

土の中で育つ野菜

・・・大根などは好ましくは土が残ったままのほうがよいです。またその際ひげ根も残っているとそこから養分を取り込めます。取らないほうがよいようです。

 

葉物野菜

・・・葉物野菜は食べる直前まで洗わない方がよいです。葉の表面には水分の蒸散を防いだり、鮮度を維持させるのに必要なワックスがついています。そのためこれも取り除かないほうが新鮮に保つことができます。

 

<野菜の保存方法の例>

トマト 冷蔵庫にはいれずに、常温で保存。ミニトマトなどはビニール袋などに入れて冷凍しておくことも可能。
たまねぎ 風通しのよい日陰で保存。もともろ保存性が高いので長持ちする。
にんじん/ダイコン 葉を取って保存。(葉が根から水分を取ってしまうため)。使用後はラップで包み、立てて保存。
じゃがいも 新聞紙に包み、常温で保存。品種により芽が出やすいものもある。
キャベツ 外葉は取らずに保存。新聞紙に包み、水分で痛むことを防ぐ。
ねぎ 新聞紙に包み立てて保存。寒冷地では土に埋めて保存が望ましい。
ナス 冷蔵庫には入れずに常温で保存。漬物や皮をむいて冷凍保存などで保存が利く。
シソ 湿らせたキッチンペーパーで挟み、ラップで包む。鉢ごと室内で保存すると便利。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム おすすめランキング らでぃっしゅぼーや おいしっくす 大地を守る会 無農薬野菜のミレー